看護師に必要な素質

看護師は人に尽くす仕事です。仕事内容は他人を思いやることが前提になる行動を常に求められますし、中には我慢が求められることも一度や二度ではないでしょう。
命に密接にかかわる仕事内容は、軽い気持ちや不足した知識では携わることができないもので、患者さんの命を扱うのには大変な苦労と責任が伴いますから、それをあらかじめ理解しておかないことには看護師とて仕事を続けることはできません。他の仕事よりも、軽い気持ちで就く仕事でないことは確かです。
新しい命が誕生するときにも、時には命の灯が消える瞬間にも立ち会うことがあるかもでしょう。その特殊さは業務内容だけでなく、仕事以外のノウハウにも関係しており専用の転職サイトが多く存在していることからもそれを知ることができるでしょう。


□看護師に必要なのは人への関心□

人への関心が無いと、苦しんでいる患者へ手を差し伸べようなんて思わないはずです。他人なんてどうでも良いと思っていれば、そもそも医療の現場に身を置くべきではないでしょう。
医療現場は他人のことを常に考えることが必要になりますから、看護師に必要とされる大きなものが「他人への興味」だと言えるでしょう。
この他人への興味はあとから自分に植え付けるのは難しく、そもそも備わっていない人には備わっていないタイプのものです。乱暴な言い方をすると「才能」に言い換えることができます。苦しんでいる他人を放っておけないほど他人に興味がつきない人でないとその過酷な仕事内容を耐えることができないでしょう。


□自分にも興味があって、自分を持っている人□

自分を知っておかないと、他人を理解することはできません。自分の心情の移り変わりや、身体の変調、その他自分のことを深く理解しておくこと。これも看護師に必要とされる素養でしょう。
人の意見、口コミ、雑音その他の自分を惑わす存在に惑わされない自分がいるのか。その自分が信じるものを信じることができるのか。人が喜んでいる姿を見て自分のことのように喜ぶことができるのか。自分のことは第二としても、他人を第一とすることができる人、そんな人が看護師に向いています。
そうしてそんな人は、他人のために献身的に尽くしている自分のことにもまた興味が向いているのではないでしょうか。自分にも他人にも尽くすことができる人、そのことに対して苦痛だと思わない人だけがこの仕事と真摯に向き合うことができるでしょう。看護師は誰にでもできる仕事ではありません。