看護師の転職は資格手当で選ぶ

よく転職サイトで医療系の求人を目にしますが、皆さんはそのような基準で転職先を選びますか?看護師は憧れの職業と言われることもありますが、実際に働いている方の口コミをみると、心も身体も鍛えることが必要な感覚に陥ります。


看護師は夜勤必須

外来は時間で閉まることが多いですが、緊急時や入院の方のケアなどで、病院自体は24時間体制を整えています。医師も看護師も、24時間シフト制で緊急時に備えています。シフトによっては仮眠もなく、休憩をとることすらままならない病院も少なくありません。(≫職場の選び方)夜勤手当が出ることもありますが、あまり高くないのが現状です。薬や医療器具の管理などの他にも、見回りや報告書の作成などの事務仕事もこなさなければなりません。給料と仕事内容が反比例してしまっては、やる気もなくなってしまいます。


資格手当で基本給の底上げを狙う

看護師の方には資格手当というものが出ます。国家試験で受験に申し込むことすら狭き門であるため、給料が多めに支払われます。平均で月3万円の資格手当がもらえるので、基本給がその分高くなることになります。ですが、この資格手当は病院によって異なります。手当自体にいくらであるという決まりがないのです。自分が納得した給料をもらうためにも、この資格手当の金額はとても重要になります。

24時間の体制のために夜勤も多い医療の現場。せめてもらうお金だけはしっかり満足した額を受け取りたいですよね。資格手当を基準に転職先を選び、自分のモチベーションを維持するよう心がけましょう。