介護業界での看護師

特別養護老人ホームやデイサービスなど、今はとても様々な種類の介護施設があります。ご自宅で療養したいという方向けのものや施設に入って余生を過ごしたいという方向けのものがあり、お年を召された方が安心して生きられる場所を提供しています。このような施設でも、やはり看護師はなくてはならない存在です。


看護師は必ず必要とされる 介護施設

介護施設には、必ず看護師が時間帯に一人勤務していなければならないという決まりがあります。それは、お年寄りの方々は薬を服用する方が多く、かつ注射が必要であるという方もいらっしゃいます。介護福祉士は介護のスペシャリストですが、医療行為はしてはいけません。注射の際に身体を抑えたりお薬を飲むためのお水を用意したりすることは出来ますが、直接身体に治療を施すことは出来ないのです。


転職先は病院だけではない

病院も確かに人手不足ですが、看護を特別に必要としている場所は病院だけではありません。福祉施設の口コミなどを見ても、看護の方の努力や対応が細かく評価され、とても必要とされていることが目に見えてわかります。介護士に出来ないところを補い、看護師にしか出来ないことを提供することで、ご入居者の方々はその施設を家として認識してくれるのです。

転職サイトで病院を主に検索されるかもしれませんが、少し目線を遠くへ伸ばし、介護の現場で働いてみるということを視野に入れてもいいかもしれません。(≫転職の手順)自分を必要としてくれる場所で働けることほど、幸せなことはないからです。