看護師と准看護師

国家資格というと、とてつもなく大きな壁が立ちはだかるイメージがあります。特に医療関係は大学を出ていないと受験資格も得られないというものが多いです。しかし、看護の資格は必ずしも大学にいかなければならないというものではありません。


社会人になってから看護師になる

高校在学中に進路を決めることが難しく、とりあえず普通の大学に進学したけれど、看護師になりたいという想いが強くなった。という方でも大丈夫です。この場合は看護の学校に再度通うことになりますが、今は社会人の方でも勉強しやすいよう、夜間授業を取り入れている学校もあります。まだ数は少ないですが、今後医療の需要が増えていけば、学校の幅も広がるでしょう。


まずは准看護師から

最初から看護師を目指さずに、准看護師から始めるという手もあります。(≫看護師と准看護師の違い)准看護師は国家資格ではなく、都道府県知事試験に合格して取得する資格なので、国家資格に比べると難易度が低いのです。准看護師はサポート役に回ることが多いのですが、病院によっては作業内容がほぼ同じというところもあります。もし病院内でキャリアアップをしたいという場合には、看護師の資格をとることをおすすめします。

少し遠回りに見えるかもしれませんが、准看護師も医療に必要不可欠な存在です。最初から国家資格に意気込もうとする前に、准看護師について転職サイトや口コミなどで調べてみましょう。