看護師と准看護師の違い

私達が病院で見かけているナースですが、みんな同じなのではないの?と思っている方も多いようですが、厳密には違ってきます。どちらも行なう業務が同じだと思っている方もまだまだ多いようですが、正・准では行う業務内容も変わってくるのです。(≫看護師専門転職サイトの口コミナビ)正看護師は、3年間の養成所で技術や知識を学びますが、准看護師は2年間の養成所で学ぶようになっており、国家資格、都道府県知事資格という違いも生じます。

就職先も正看護は公立や大学病院、総合病院が多いのですが、准看護師の場合は民間病院や私立病院が多くなっているのが特徴です。また、給与の面でも大きな違いが出てくるため、どちらがご自分に向いているのか転職サイトから転職先を見つける時はよく考えるようにしましょう。また、ある程度年齢を重ねてから看護の仕事がしたい!という方が正看護師として勤めるのは厳しいと言われています。 お金の問題

正看護師の方が活躍できる?

どちらの方が活躍できるのか、それはやはり正看護師の方だと言えます。仕事内容についてなのですが、正看護は自らの意思・判断で看護できますが、准看護師は医師・歯科医師・看護師の指示が無ければ看護することが出来ません。目の前で苦しんでいる方がいたとしても自らの判断や意思で看護することが出来ませんので、そう考えるとやはり正看護師の方が良いかもしれません。

キャリアアップに関しても大きな違いがあり、正看護は部長・師長・主任を目指すことが可能で、現場責任者になれますが、准看護師は出世することが出来ませんし、看護学生への教育や指導が出来ないのです。そのため、准看護の方が転職サイトを利用する際には、なるべく仕事量の多い場所を選ぶのが良いでしょう。仕事量の違いから、給与も准看護師の方がやや低くなっています。 主任にクラスアップ

やる気次第で認めてもらえる

どちらが良くてどちらが悪い、そう白黒はっきりつける方もいますが、個人的にはどちらであろうとも一生懸命患者さんに向き合い真面目に業務をこなしていれば、周囲に認めてもらえると思うのです。確かに行う業務内容は異なりますし、キャリアアップも正看護師の方が有利かもしれませんが、考え方次第で変わってくるものです。転職サイトを活用する際には、コンサルタントの方と相談をしながらご自分が安心して働くことのできる場所を一緒に探してもらう事が大事なのです。決して引け目を感じることはありませんので、前向きに転職サイトを利用して活動をしましょう!

町病院と総合病院の違い